• 天壌

効果的なイラスト依頼の方法



依頼をされるお客様の中には「効果的にイラストを自分の作品や成果物に活かしたい」と思っている個人の方は少なくないはずです。

ではどうするか?


今回はその事例を・・・


CDを作るのでイラストを描いて頂きたいです。

予算は○○〇円~○○〇円くらいまでなら出せます


という記事をTwitterで偶然見つけました。

私はこれを見て、「ああ、もったいないな」と思いました。


多分SNSでイラストレーターを探す方はよくする間違いだと思いますが、これ、自身に合ったイラストレーターに会えるかは分かりません。

予算に合った人は見つかるでしょう。

しかし自分に絵柄・人柄がフィットするイラストレーターさんに当たるかは博打になります。


提示しているのが予算だけだと、例えば男性向けの萌えCDを作りたいのに、BLが得意そうなキレイ系イラストレーターさんもバンバン手を挙げてきます。

それに加えて、とにかく実績が欲しい新人さんや、下手をするとお小遣いの欲しい未成年の絵師さんも釣れることになります。

貴方はずっとその対応に追われることでしょう。


イラストレーターにしても、自分のニーズに合ったクライアントを常に探していますが、効果的に探したいとも思っています。

厳しい言い方かもしれませんが、ある程度実績があるイラストレーターさんはまず上記の投稿は無視すると思います。(すみません・・・)

私の場合、実績はあるけど割と個人向きのイラストレーターなので、暇があったら暇つぶしに少し見るくらいでしょうか。


とにかくせっかく募集をかけて動いてみたのに質の良くないor自分に合わないイラストレーターさんばかり集まりやすくなるかと思います。

ではどうすれば良いイラストレーターに会えるでしょうか?


 

自分が何を欲しているのか具体的に明記する


例えば

・予算は○○〇位

の他にこんな情報があると助かります。


①男性向けのCDを作りたい(何を作りたいか・求めるターゲット層)

②内容:メイドカフェのドラマCD(作りたいものの内容)

③入稿は〇月くらい、もしくは〇月までに絵が欲しい(納期の確認)

④同じ画像でyoutubeへの投稿を考えている(二次使用・サイズ感の確認)


特に④は後出しされるととても困ってしまう内容なので、最初に情報として出してもらうと助かります。

というのも動画は横長、ジャケットは正方形なので、縦横比が全く違います。

ジャケットCDのイラストを無理に動画に入れ込もうとしたら、ちぐはぐになってしまいます。

せっかくお金をかけるのに勿体ないですね。

これを出すことでどのくらいのサイズで依頼したらいいか分からないという依頼者さんも、イラストレーターの方からサイズ確認して見積もりを出してもらえます。


では、これにフィットしたご依頼の実例を挙げてみます。