• 天壌

制作事例:「天泣の交差点にて」表紙イラスト・タイトルデザイン



「渋谷を水浸しにしたいんです」

リアルでやったら大迷惑ものですが、イラストなら可能です。


かおばこ(現かおり)様のご依頼で、冊子の表紙を担当しました。

印象的な青に、タイトル文字をピンク、正方形の形のデザインで考えていました。


このイラストとデザインができたのが昨年。

あれ?と思う方いると思うのですが。。。

そうです。

これは公表するまでに時間がかかっている作品なのです・・・!


今回は1年以上寝かせた作品が表に出るまでのお話を少し。



昨年無事にイラストと文字デザインが完成し、納品し、発行はいつになるかな??とワクワクのんびり待っていた今年の11月・・・一件のメールが。

かおりさんからでした。

なんと、印刷所から「コロナ禍による宅配便事情により前倒しでの入稿でないと確実に納品できない」と言われてしまい、予定していた印刷所が使えないので表紙を使わないですすみません・・・というしょんぼりな内容のメールでした。

な・・・なんだってー!!?>AA略

かおりさんの出るイベントはゲームマーケットで、一年に一度しかありません。

それなのに表紙が無い??

そいつはいかん

ちょっと待ったぁー!!

ストップをかけました


できることあるんじゃないか

あるんじゃないか!?


ちょっと考えちゃったんですよ。

かおりさんのスペースで、本が無い状況・・・・。

まずい、まずいですよ!!!


一生懸命少ない情報で考えてみました。


①栄光さんなどの事前予約なして前日入稿可能な印刷所などをピックアップ

②正方形→A5サイズにリサイズし、文字とカラーの版を統合。どこの印刷所でも対応できるデータを作る

③最悪を想定して少し早めの〆切を設定し、こちらの修正作業は数時間で対応


こんな感じで提案し、実際に実行しました。

後ろは任せろ!(バリバリ―)といった感じで、待機しました。

そして本文の修正後、背幅決定して連絡いただいてからの作業・・・

時間との闘い・・行けるか!?


そして


無事に入稿出来て、当日にも本が無事発刊されました!

(おめでとうございます!!)

そして献本が・・・・